自分で確定申告

副業在宅を始めるにあたり、副業をしている事を会社にバレてはいけない方に注意事項があります。それは副業在宅で稼いだ報酬の「税金」です。

副業在宅で利益を得ると、もちろんその分の住民税や所得税の支払いが必要になります。

所得税は自分で確定申告するので問題ありませんが、住民税の方は特に何もしないと、本業分と合わせて会社に申告が行きます。

会社に申告が行くという事は、給料を払っている経理課の人はそれを把握しているので、アナタだけ住民税が多ければ、他にも収入があると疑われるでしょう。

しかし、この税金バレを防ぐことは可能です。

その方法は、副業在宅を始めたらすぐに管轄の市や区の役所の住民税担当に問い合わせて、副業分の住民税のみ、自分で確定申告して支払うと申し出るのです。

こうすることで、副業分の住民税が会社に知られてしまうことを防げます。

そして、確定申告時には、副業分の住民税を自分で支払うようにすれば完了です。