ハンドメイド,儲かる

2015年頃からでしょうか、ハンドメイドの在宅副業を始める人が増えてきているといいます。ハンドメイドの市場というのはそこまで大きくはありませんが、参入している人の殆どがハンドメイドが大好きで参入してきているのでレベルは高いように感じています。

自分で作ったハンドメイドの商品を売る場所はどこがあるだろうか?例えばヤフオクやメルカリ、フリルなどのショッピングサイトやアプリなどが存在しますが、

minne(ミンネ)tetote(テトテ)

と呼ばれる専門のサービスもあります。

minne(ミンネ)やtetote(テトテ)自体もアプリですが、ハンドメイドをされている方が多く集まっているということで人気を集めています。しかし、やはりハンドメイド大好きな人達の参入が多いので、プロレベルの出品者もかなりいらっしゃるみたいです。

自分の作ったハンドメイド商品が売れるととっても楽しくなってくると思います。主婦などが副業で始めることが多いわけですから、片手間でできるのも魅力です。

最初は軽い気持ちで始まるかもしれませんが、気づいたときにはどっぷりはまってプロレベルに達し、旦那様の給料を超えてしまっている主婦もいたりするそうです。

あとはハンドメイドですので、作る商品のコストとパフォーマンスをバランス良く進めていけるかがポイントになってくると思います。

物は多く売れているにも関わらず利益が出ていないというのは一番やってはいけない失敗です。物が売れているということはある程度の認知度が広がっているわけですから、そこで利益が出ていないことに気づいて値段を上げてしまうとユーザーからは売れてるからって値上げしてるという悪いイメージでしか見られなくなります。

そうならないためにも最初でしっかりとコストとパフォーマンスのバランスを調整して数字に出してみることが重要です。面倒くさがらずにしっかりと計算して儲かるハンドメイドを進めていきましょう。